今年は、2年に1回開催される東京モーターショーの年です。このモーターショーは4年前、シンガポールに赴任してまだ単身赴任している時、一時帰国した時に見に行きましたが、それ以来であったので、今年は絶対に見に行こうと決めていました。車好きな私にとっては、このモーターショーは帰国した春からずっと楽しみであったのです。そこで先週の日曜日に見に行ってきました。場所はいつもと同じ、千葉県の幕張メッセです。自宅の成田からでは高速を使って30分ほどの至近距離になります。

幕張メッセの駐車場。生憎の曇り空
チケットは当日券で大人1200円ですが、何と! 会社の関係で無料招待券を1枚ゲットしていたのでタダで見ることが出来ました。ラッキーです。
会場は朝9時半であったので、混まないうちに、と思い、その9時半ころ到着するように行きました。しかし予想通り、付近の駐車場はかなり混雑しており、何とか近くに止めて会場までたどり着いたのは、既に10時を過ぎていました。が、しかし、まださほど混んでいなかったので、わくわくしながら中に入っていきます。もちろん買ったばかりの一眼レフデジカメ持参です。

朝から混んでいる会場内
いざ会場に入っていきますと、入り口は2階なのですが、下のフロアには各メーカーがところ狭しとブースを並べています。入る時はそんなに混んでいない印象でしたが、見下ろすと人が既にうじゃうじゃおり、大変混雑していました!
これはいかん! ということで、あわててまず本命のブースに直行します。
本命とは、、、もちろん日産の「GT−R」です!
今年は新型GT−Rのプロトタイプが展示されると聞いていたもので、見るのを非常に楽しみにしていたものです。

ところがいざ日産ブースに行ってみると、時既に遅し・・・。GT−Rの周りは人だらけで、とても前で見ることは出来ませんでした。しばらく我慢して前が空くのを待っていましたが、なかなか最前列の人たちは帰ろうとしないので、10分以上も待ってもやっと2〜3列目というハメに。仕方ないので最前列まで行くのはあきらめ、前の人達の間から顔を出して、新型GT−Rを見るにとどまりました。

GT−R (フロント) GT−R (リア)
でもこのGT−R、やっぱり格好いいですっ!
基本的なスタイルは4年前にも展示されたものと類似していましたが、今回のは少し洗練された感じで、すぐにでも市販されそうな雰囲気でした。
いや〜、やっぱり本格的なスポーツカーって、車好きにはたまりませんね。私も今はオデッセイに乗っていますが、もしお金に余裕が出来たら、セカンドカーにGT−Rを是非とも持ちたいと、しみじみ思いました。

2階から見下ろしたGT−R
しばらくそこで見ていて、ふと気付いたら、そのブースには2階もあり、そこからGT−Rを見下ろすことが出来ます。よって2階にも上がり、見下ろしてきました。よ〜く見ると、GT−Rの周辺には人だかり! これではいくら待っても最前列には行けないはずですね。GT−Rの人気の高さに改めて敬服しました。
ちなみに、その後、会場をぐるりと一周しましたが、もっとも混雑していたのが、このGT−Rの周辺でした。サスガです。

ポルシェはマークも格好いい ポルシェ。やはりあこがれます
さてさて、本命は見てしまったので、あとはゆっくりと会場を回ります。
次に見たのはポルシェですが、今年は特に変わった新型があるわけでもなかったです。しかし一応ポルシェなので、しみじみ見てきました。
う〜ん、やっぱり外国のスポーツカーは年季が入っており、本当に格好いいですね。思わず欲しくなってしまいます。

三菱ランエボ スバル
次に見たのは、ラリーカーです。その代表と言えば、三菱のランエボ(ランサー・エボリューション)とスバルです。どちらもステッカをベタベタ貼ったラリー仕様車を展示していましたが、これも純スポーツカーとは違った独特の雰囲気を出していて、なかなか良かったです。私はラリーにはあまり興味ありませんでしたが、いずれも人がたくさん集まって見ていました。人気あるようです。

真っ赤なアルファロメオ ちょっとお上品なコンパニオンさんでした
その後は、真っ赤なアルファロメオに見とれ、続いてスズキのブースで本日初めてのコンパニオンさんを見ることが出来ました。どちらも写真をパチリ。
このあたりで、会場内がとても暑く感じてきましたので、少し外に出て休憩です。結構ここまで時間かけて見ていましたので、意外と疲れていました。ベンチに座ってまずは一服。やっと疲れが取れてきたので、改めてまた中に入ります。

ベンツのマイバッハ
さて、お次は泣く子も黙るベンツです(笑)。ベンツのブースでの一番の見所は、500馬力以上もあるスーパースポーツセダンである「マイバッハ」ですね!
このマイバッハ、どでかいボディにかかわらずものすごい大きなエンジンを搭載し、かなりのハイスピードでアウトバーンを疾走するようです。ぱっと見た目は普通の大型セダンにしか見えませんが、中身は狼、という、実に「そそる」車です(笑)。
やはり憧れの車ではありますが、日本で買ったら5000万円以上もする??
とても買うことは出来ないでしょう。。。 まあ、憧れのままでいるのが夢があっていいのかもしれません。

さてさて、だいぶ時間もたってしまいました。最後に見たのは、車の王者とも言える「フェラーリ」です。
これは、もう、、、理屈ぬきで格好いいですね! スポーツカーの王様にふさわしい風格を備えています。
写真、たくさん撮りましたので、下記に表示します。う〜ん、確かに格好いい!!


今回はその他には、トヨタの新型セルシオ(新しいブランド名はレクサスとなります)、ミニ、アウディ、などたくさん見て歩きました。時間としては3時間はたっぷり掛かったでしょうか。でも、それでも全体の半分位しか見れていないと思います。車の他にも、二輪車、部品メーカのブースもありましたが、そちらは全く見ることが出来ませんでした。

コンパニオンのお姉さん
尚、今回はなぜかあまりコンパニオンの方を見る機会がありませんでした。が、しかし、最後にやっと見ることが出来、ハッピーでした(笑)。
このモーターショー、とにかく楽しかったです。また次回も見に行きたいと思います。

(2005年11月6日)
HOME