地図
日本・中国庭園の場所
2001年9月に初めてのデジカメを購入しました。当然、どこか撮影に行きたくなり場所を模索した所、島の西部、バードパークの近くに日本・中国庭園があることを発見、最初の休日である9月22日に行って見ました。ものすご〜く暑い日でしたが初めての撮影旅行ということでワクワクです。

場所は島の西部、ジュロンの手前にあります。車で行くなら高速道路AYEで、電車で行くならMRT東西線に乗ってCITYより30分位のチャイニーズガーデン駅で降ります。この駅から日本・中国庭園は直結していますので便利です。
なお参考までに、この近くにはバードパークや爬虫類パークもあるので、行く時は一日かけて一緒に見て回るのがいいでしょう。

私の場合は車で行きました。とにかく暑い日でエアコンは最強でつけっぱなしです。ちょっと嫌な予感が・・・。
(この予感は後で当たるのですが・・・)
インターを降りてAYEの脇道を少し戻り北に上がるとそこが日本・中国庭園です。ここは同じ敷地にあり、内部は川で仕切られており、各々の庭園をつなぐ大きな橋があります。北が中国庭園、南が日本庭園です。正規の入り口は北の中国庭園側にあり料金を徴収されますが、見たら日本庭園側の入り口も開いており料金所がない! そのためそこに車を止めて歩いて入りました。

日本庭園を入った所 日本庭園の橋
日本庭園を入った所 日本庭園の橋
まず入ったのは日本庭園です。

入ってすぐの所には小規模な写真のような石を並べた簡単な庭園があります。ここはあまり面白くないので少し奥の方へ行きました。そこには結構大きな池があり、何となく昔懐かしの赤い橋がかかっています。このあたりは小規模ながらいかにも日本庭園らしさがあります。橋は数箇所あるので全て渡ってみました。

でも近くで見るとあまり綺麗ではありません。なんとなく古ぼけています。きっとしばらくメンテナンスしていないのでしょう。良く見ると池の水もきれいではありませんでした。
それにしても今日は暑い日です。周りには遮るものが何もないのでなおさらです。

日本庭園から中国庭園につながる橋
日本庭園から中国庭園につながる橋
次は中国庭園に行ってみようと思います。
少し戻った所に中国庭園へ渡る橋がありました。
しかしこのあたりであまりの暑さにギブアップ気味になってきたので、一度、車に戻ってエアコンのきいた室内でジュースを飲みながら涼もうと思い、先ほどの入り口まで暑い中を5分かけて歩きました。

ようやく入り口に着いたら、、、何と扉が閉まっているではないか!
あせって押してみましたが鍵がかかっており開きません。良く見ると脇に掲示板があり、「この扉はテンポラリーなもので、通常は使えません。中国庭園にある正規の入り口をご利用下さい」なんて書いてあります。う〜、、、目の前に車があるのに出られない・・・。いきなりハマってしまいました。どうやら先ほどはメンテナンスの人が中に入るのに、たまたま開いていたようです。

仕方ないので暑い中を我慢して先ほどの橋に戻り、中国庭園に向かうことにしました。

橋の上から見た五重塔
橋の上から見た五重塔
橋を渡る時に向こうの方には五重塔が見えます。
なんかここでワクワクしてきて、暑さは忘れてきました。

この中国庭園はものすごく広大です。日本庭園なんか比べ物になりません。あまりにも広いので歩くのが嫌になってきますが、しかし見所はたくさんありお勧め出来ます。

こちらは直射日光にさらされる日本庭園と異なり木々の間を歩くところが多いので、さほど暑さを感じることなく助かります。
このあたりに来ると観光客も増えてきます。日本庭園はほとんど人がいなかったことに比較すると流石は本家の中国庭園、中国人の人が結構見ています。シンガポールだけでなくお隣のマレーシアあたりからも見に来ているのでしょう。記念撮影している所を見ているとそんな感じを受けました。

途中には珍しい形の中国風東屋もあります。そこを過ぎて歩いてゆくと五重塔のふもとに来ますが、ここはちょっとした広場になっており緑がとても綺麗でした。
いよいよ目指す五重塔に到着しましたのでここに登ってみることにします。

中国風東屋 五重塔の前の広場 下から見る五重塔
中国風東屋 五重塔の前の広場 下から見る五重塔

中国庭園を眼下に望む MRTチャイニーズガーデン駅
中国庭園を眼下に望む MRTチャイニーズガーデン駅
五重塔に入るとコンクリートで出来たラセン階段があり、そこを登っていきます。これは意外とぐるぐる長く登ります。ようやくてっぺんまで上り展望台に出ると、風が結構強く吹いておりとても快適です。展望台は360度ぐるりと回っているので、周りの風景を全て楽しむことが出来ます。
足元の中国庭園を望むと色鮮やかな建物や飾りが見え、反対方向にはMRTチャイニーズガーデン駅とその向こうにそびえ立つHDBを見ることが出来ます。しばらくここで涼んでいました。

川に浮かんだ張子の鶴と蓮の花
さて、そこを出てしばらく歩くとまた大きな池と小さな川があります。
その近くには大きな張子の人形とかがたくさんありました。

何だろう、と思って見ていたら近くに催し物をやった会場跡地があり、見るとどうも昨夜、灯篭流しをやったようです。この灯篭流し、ここでは結構有名みたいで、確かに見るとかなり大きな船や鶴の張子が残っていました。

そうと知っていれば昨夜見に来たのに残念です。来年は日程を事前に調べて見に来ようと思います。

水上レストランと思われる建物
そこを過ぎると今度は池の中に建物が2つ並んで建っています。見るからにこれはきっと水上レストランなのでしょう。残念ながら今日は営業していませんでした。

ここまで来るともう出口です。と言うよりも本来の入り口です。入り口と庭園側はやはり橋でつながっています。入り口を見るとちゃんと料金所があり料金を徴収していました。私の場合には裏口から入りましたので結局無料で見ることが出来ました。安い料金でしたが無料というのは非常に得をした気分であり、暑さにハマったことも忘れ気分良く帰りました。

(2002年2月25日)
back next